FC2ブログ

2019 GW北海道ツーリング 最終日

【2019/5/4(土)】
P1030105.jpg

この日は北海道ツーリング最終日。

いよいよ現実に帰る日がやってきました(´・ω・`)

夜に帰りのフェリーに乗るため、この日は苫小牧フェリーターミナルまでひたすら南に向かって走ります。

利尻島のキャンプ場から苫小牧港まで約400km!
スムーズに移動できれば特に問題なく間に合う距離なので、のんびりキャンプ道具を片づけて撤収!

P1030106.jpg

鴛泊港8:50発のフェリーに乗り込み稚内に向かいます。

P1030107.jpg

さらば利尻島!
良い島だったなぁ・・・絶対また来るよ!(`・ω・´)ゞ


【苫小牧港に向かってひたすら南へ!】

P1030133.jpg

鴛泊港から約1時間半程で稚内港に到着!
ここからひたすら南に向かって走ります。

P1030108.jpg

帰りは北海道を代表する道路の一つ、オロロンラインを楽しみます(*´ω` *)

P1030134.jpg

海沿いの道をひたすらまっすぐ走る!
これといって何もない道なんだけど、逆にそれが良い!

P1030135.jpg

右手にうっすらと利尻島が見える。

P1030136.jpg

気持ちの良い道をひたすら走りながら

北海道ツーリングも終わりか・・・初日に戻らんかな?(´・ω・`)

的な事ばっかり考えてた様な気がしますw

P1030109.jpg

何もない道を走り続けると突然現れるのが北緯45度モニュメント。

そして・・・

P1030110.jpg

オトンルイ風力発電所です。

巨大な風車が等間隔に置いてある風景は壮観でした(*´ω` *)

P1030112.jpg


【羽幌町で甘エビを食べました】

稚内港を出てから約3時間程走り羽幌町にやってきました。

羽幌町は甘えびの漁獲量日本一の町です。

実は海老が大好物の私、ここで海老を食べずに帰るなんて考えられませんw

・・・と、いう事で

P1030117.jpg

やってきたのは「北のにしん屋さん」。

もちろん目的は羽幌産の甘えびがどっさり乗った甘えび丼です。

北海道に来る前から絶対にここで甘えび丼を食べたい!と思ってた場所なんですね(*´ω` *)

という訳でいざ入店!

P1030116.jpg

券売機を見るとお目当てのえび丼(中丼)はまさかの売り切れ!!!

時刻はお昼過ぎになっていたとはいえ、GW中の北海道・・・恐るべし。

道東でも楽しみにしてた鈴木食堂の生サンマ丼が食べられなかったので、これは結構悲しかった(´・ω・`)

とても残念だったけど、えび丼(小丼)は出来るとの事だったので小丼を注文!

P1030114.jpg

えび丼(小丼)!
甘えびが10尾程乗った丼です(*´ω` *)

ぷりぷりの食感にほのかな甘みがたまりませんな!

ただ・・・

P1030115.jpg

お目当てだった中丼との差が頭にちらついてなんだか複雑な気分でしたw

北海道に来るチャンスがあれば、ここは絶対リベンジしたいなー。


【せっかくなのでお寿司も食べます】

甘えび丼でお腹を満たした後は、更に海沿いを走り南へ。
夕方になる頃には札幌近辺に到着しました。

フェリーの出発まではまだまだ時間もあるし、どうせなら札幌で晩御飯でも食べて行こうと寄り道する事にします。

P1030118.jpg

北海道を中心に展開しているチェーン店「回転寿しトリトン」にやってきました。

ここのお寿司はとても美味しいみたいで、北海道ツーリングの記事を書いているブログを読み漁るとちょいちょい出てくるので気になってました。

しかしいざ入店すると待ってるお客さんの数がやべぇw

その数91組待ち時間2時間以上。

最後の〆にお寿司で打ち上げや!と意気込んできたので、ここは待ってでも食べたいところ。

しかし途中で諦めて帰っていく人もいるものの、中々順番は回ってこない・・・。
そもそも2時間以上って書いてあるけど、実際はいつになるか全く不明なので帰りのフェリーに間に合わない時間になってしまうと困る(´・ω・`)

結局店内で食べる事は諦めてお持ち帰り用にパックに詰めてもらう事にしました。

P1030119.jpg

ちなみにトリトンでのお寿司の持ち帰りシステムは面白くて、なんと!回転するレーンの端っこで店員さんが握ったお寿司を自分でパックに詰めていくセルフサービスとなってますw

帰りのフェリーの時間が迫ってきているのに微妙に焦っていた私は割と雑にお寿司をパックにぶち込んだので、なんだか見栄えはよろしくない( ^ω^ )

でもお寿司は確かに美味しかった!
ネタも大きく食べごたえもあるし、北海道の新鮮な魚はとても美味しかったです(*´ω` *)


【フェリーに乗って現実へ帰ります】

P1030122.jpg

札幌でゆっくりしすぎたので高速に乗って一気に移動し、苫小牧港までやってきました。

北海道ツーリングを終えて帰りの船を待つバイクの列が沢山!

これで北海道ツーリングも終わりかと思うとちょっと寂しくなりますね。

この数日間でフェリーに乗るのはこれで5回目なのでさすがに乗船も慣れましたw

P1030124.jpg

帰りにお世話になるのは行きに乗ったすいせんの姉妹船「すずらん」。

P1030123.jpg

夜食にやきそば弁当を食べてこの日は就寝。


【2019/5/5(日)】

この日は一日海の上。
相変わらず電波は届かないので船の中でのんびり過ごします。

P1030128.jpg

初日と同じく食べて・・・

P1030127_20190922151050c88.jpg

遊んで・・・(リーチまではいった!)

P1030129.jpg

食べて・・・

P1030126.jpg

海を眺めて・・・。

P1030130.jpg

そうこうしている内に終わりの時がやってきました。

P1030131_20190922152131f68.jpg

無事に福井県敦賀港に到着し北海道ツーリングを終えたライダーはそれぞれの帰路につきます。

P1030132.jpg

ただいま本州!

P1030120.jpg

お世話になったすずらんにお別れをして、自宅までの帰宅ツーリング150km開始です!

普段は下道ばかり走ってる私ですが、この日はさすがに高速を利用して帰りますw

帰宅した後は荷物の片付けをある程度やったあと就寝。
久しぶりの自分の布団が快適過ぎて、一瞬で眠りにつけましたw


【2019北海道ツーリングまとめ】

今回初めての北海道ツーリングという事で、ぶっちゃけ何も考えずただ走ってるだけでめちゃくちゃ楽しかった!

行きたいところは沢山あったけど、時間の都合で行けなかった場所は沢山あったので次にまた北海道に行けるチャンスがあればまた北海道ツーリングやりたいですね。

ただやはり地図で見るよりずっと広大な北海道は、日程にそれなりの余裕がない限りはある程度行動範囲を絞った方が内容の濃い楽しみ方ができるかもしれません。

私は初の北海道ツーリングという事であれもこれも見てみたいという欲求に勝てず行動範囲を広げ過ぎたので、ちょっとせわしなかったというか・・・もうちょっとのんびりその土地ならではの魅力を味わう事もできたんじゃないかな?と思います。

特に礼文・利尻島あたりは圧倒的に時間が足りなかったw

今回の経験を生かして次に北海道ツーリングをする時は、もっと色んな経験が出来れば良いな!

という事でこのへんで2019年の北海道ツーリングの記事を締めくくりたいと思います(*´ω` *)

では! (`・ω・´)ゞビシィッ!!

↓押して頂けると喜びます(*´ω` *)

バイクツーリング日記ランキング

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2019 GW北海道ツーリング 6日目 利尻島編

P1030069.jpg

礼文島から見えた利尻富士があまりに綺麗だったので、唐突に利尻島行きを決めた私は香深港13:25発のフェリーに乗り、約45分の船旅を経て利尻島鴛泊港に到着!

この時既に時刻は14:10分。
キャンプ場でのテント設営の時間も考えるとあまりのんびりしてる訳にも行かなかったけど、この日はまだ昼食を取っていなかったので、鴛泊港フェリーターミナルのすぐ近くにあるお店で昼食を食べる事にしました。

P1030070.jpg

P1030071.jpg

こちらの磯やき亭はミシュランガイドのビブグルマンや食べログベストラーメンにも選ばれたそうで期待が高まります(`・ω・´)

お目当ては利尻ラーメン(1350円)。
ラーメン一杯の値段としては人生で食べたラーメンの中で間違いなく一番高いw

とんこつ、鶏がら、野菜からとったスープにホタテ、海老、とろろ昆布、わかめ等の具材が入っていて魚介の旨みも凄いです。

写真では分からないですが、どんぶりもビックリする程大きくてボリュームも半端ないですw

大満足の一品でお腹を満たした後は利尻島を一周してみようと思い、バイクを走らせます。


【利尻島を一周してみた】

島を一周すると言っても大きな島では無いので一周約50km程度。
普通に走るだけなら1時間あれば一周できてしまう距離なので、途中気になったスポットに寄り道しつつのんびり走ってみる事にします。

利尻島は島の中央に利尻富士がそびえたっているので、天気が良い日だとどこを走っても利尻富士が目に入ってきます。

P1030073.jpg

P1030074.jpg

P1030072_20190908163337596.jpg

常にこんな景色の中を走れる幸福感にメットの中はニヤニヤですw

キャンプ場入りの時間もあったのであんまりのんびりし過ぎるのもいけないと思いつつ、ちょっと走っては止めて写真撮影ちょっと走っては止めて写真撮影と中々先に進まなかったのを記憶してますw

P1030075.jpg

ちなみに海の向こうにはついさっきまでいた礼文島が見えます。
最高過ぎですわ・・・(*´ω` *)


道道105号を反時計回りに走っていき、沓形字あたりにくると道路沿いに「さいはて自家製ミルピス」と書かれた幟を見つけたので立ち寄ってみました。

P1030076.jpg

お店・・・というよりは普通の民家に見えるけど、正面には利尻手作り乳酸飲料と書いてあった。
どうやら謎のミルピスは飲み物らしい!

お店に入ると人柄のよさそうなおばあちゃんが出迎えてくれました。
店内には昔の写真とサインが沢山貼ってあって、実は結構有名な場所なのか?とびっくりしました。

P1030077.jpg

購入したミルピス。
左端にちょっとだけ映ってるけど、おやつもくれましたw

カルピスの様な物かな?と思って飲んでみたけど、カルピスとはまた違った味わい。
甘すぎずすっきりした味で何杯でもいけそう。

ぶっちゃけかなり美味しい(*´ω` *)

話によると工場は無くお店で原液を手作りしているらしく、利尻島で生まれたオリジナル飲料らしい。
島内でしか飲めないのかな?と思って聞いてみたら通信販売もやっているみたいで原液を注文して購入できるみたいです。

ブログを書いていて久しぶりにとても飲みたくなってしまいましたw


ミルピス商店で休憩した後もひたすら島を道沿いに走り、やってきたのは島南部にある仙法志御崎公園。

P1030078.jpg

利尻富士の全貌を見る事ができ、眺めも最高です(*´ω` *)

P1030079.jpg

疲れもふっとぶ程の絶景に感動!

ちなみにこの仙法志御崎公園内にはアザラシを飼育しているプールがあって、100円払えばアザラシに餌やりもできたりします。

P1030081.jpg

泳ぐアザラシ。
餌を持ってない人にはあまり相手をしてくれないw

P1030083.jpg

餌を持っているとかなり近くまで寄ってきてくれる。
可愛いやつめw

P1030082.jpg

飼育されているアザラシなので人馴れしているみたい。
悠々と泳ぐ姿は見ていて飽きない可愛さ(*´ω` *)

しばらく眺めていたら結構長い時間滞在してしまったので、先を急ぎますw


鴛泊港を出発し島の半分過ぎたところで「オタトマリ沼」と書かれた看板を発見したので吸い込まれるように立ち寄ってみます。

P1030085.jpg

ここは利尻島の観光スポットの中でも特に人気の様で、観光に訪れている人も沢山いました。

大きな売店もあって一際賑わっていた。
せっかくなのでお土産に利尻昆布含め色々購入したら、気前の良い店員さん達が色々サービスしてくれたw

P1030086.jpg

オタトマリ沼から眺める利尻富士は素晴らしくて、利尻富士をバックに水鳥が羽ばたく姿はめちゃくちゃ美しかった(*´ω` *)

P1030087.jpg

この辺りから眺めた利尻富士が北海道銘菓の白い恋人のパッケージになっているらしく、大きな看板でアピールしていたw

白い恋人のパケージの雪山がどこの山かなんて気にした事なかったので、新たな発見に驚きです。


オタトマリ沼から少し走ったところにある沼浦展望台にも立ち寄ってみました。

P1030089.jpg

バイクと看板でちょっと隠れてしまってるけど、左奥に見える沼がさっきまでいたオタトマリ沼。

車だと対向するのは厳しい細い道を通って行くのですが、バイクだとすいすいです!

この展望台から眺める利尻富士も絶景で、天気のいい日ならオタトマリ沼とセットで絶対訪れたい場所ですね(`・ω・´)

P1030090.jpg

沼浦展望台でも白い恋人をしっかりアピールw

P1030091.jpg

私には白い恋人なんていないから華麗にスルー。
ぼっちにはちょっぴり寂しい名所ですw


沼浦展望台を出て利尻島を一周回り終える頃には良い時間になってきました。
キャンプ場でのテント設営の時間もほしいので、最後に島北部にある姫沼に立ち寄ってみる事にします。

P1030092.jpg

P1030093.jpg

姫沼湖畔へは駐車場にバイクを止めて原生林の中を数分歩きます。

P1030094.jpg

ほどなく見えてくるのがこの姫沼。
静かな湖畔から眺める利尻富士も素晴らしく、中々の癒しスポット!

湖畔沿いをぐるっと一周できる散策路もあるので、時間があればゆっくり見て回りたいところ。

P1030095.jpg

この姫沼は条件が揃えば利尻島で一番美しい逆さ利尻富士が見えるところという事でしたが、私が訪れた時は運が良い事に見事に逆さ利尻富士を見る事が出来ました(*´ω` *)

いや、ほんと北海道にいる間色々と運に恵まれ過ぎてちょっと怖いw


【利尻島のキャンプ場で一泊します】

利尻島一周ツーリングを終えてキャンプ場にやってきました。

P1030102.jpg

今回お世話になるのは利尻島にいくつかあるキャンプ場の一つ、ファミリーキャンプ場ゆ~に。

ゆ~にはアイヌ語で「お湯のあるところ」を意味しているみたいで、すぐ向かいには利尻富士温泉があります。

鴛泊港からも徒歩圏内にあるキャンプ場なので、利便性の素晴らしいキャンプ場ですね(*´ω` *)

P1030096.jpg

ちょいちょいっと受付を済ませて早速テント設営。

車両の乗り入れは禁止なので、駐車場のすぐ近くに設営してみましたw

P1030101.jpg

P1030097.jpg

P1030100.jpg

P1030099.jpg

キャンプ場内はしっかり整備されていて結構快適。
時期が時期なのでキャンプしている人は少ないけれどw

P1030103.jpg

寝る準備が整ったところで温泉でのんびりして・・・

P1030104.jpg

セイコーマートで買った豚丼でお腹を満たした後は就寝。
利尻島ツーリング終了です(*´ω` *)

翌日はいよいよ北海道ツーリング最終日。
利尻島から苫小牧フェリーターミナルまでひたすら南に走りますw

という事で今回はこのへんで!

7日目に続く~!



この日のざっくりルート。


↓押して頂けると喜びます(*´ω` *)

バイクツーリング日記ランキング

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2019 GW北海道ツーリング 6日目 礼文島編

【2019/5/3(金)】
P1030028.jpg

北海道に滞在できる日数も残り僅かとなってきました。

前日は天候が雨という事もあり一日テントに籠城するという、なんとも勿体ない一日の使い方をしてしまった気もするけど・・・しかし!この日の天候は晴れ!

降水確率0%の絶好のツーリング日和です(*´ω` *)

P1030015.jpg

テントから出ると朝日が・・・!
これは期待できますぞ!

というのもこれから向かう場所はなんとしても晴れている日に走りたかったので、天気のいい日に走りに行ける様に運良く調整出来た事がうれしい。

目的地は礼文島。
別名「花の浮島」と呼ばれている稚内から西方の日本海上に位置する離島です。

ぶっちゃけ、私はこの礼文島という島の存在を昨年まで知りませんでしたw

バイクに乗り始めた頃から仲良くしてもらってる友人のよっこさんが昨年この礼文島に訪れていて、その時の記事の様子や絶景写真を見て凄く行ってみたくなったんですね(`・ω・´)b

という訳で、ちゃちゃっとキャンプ道具の撤収をし礼文島に向かいます。


【フェリーで礼文島を目指します】

礼文島に行くためには、稚内港から出ているハートランドフェリーを利用します。

礼文島での滞在時間を少しでも長く取りたかったので朝一の便に間に合うように到着してちゃちゃっと手続きを完了させます。

P1030017.jpg

凄くわくわくする瞬間(*´ω` *)

ちなみに稚内から礼文島までの運賃は人間だけなら片道大人一人2800円(雑魚寝部屋)とそこそこ行きやすいお値段ですが、バイクを積み込むとなると別途料金がかかります。
往復するとなると結構な額になりますが、まぁめったに来れない所ですしここはケチらずバイクも積み込みます(`・ω・´)b

P1030018.jpg

搭乗待機中!

北海道に来る時は初めてフェリーに乗るという事もあって緊張しまくっていたけど、さすがに一度経験すると人間は成長するもので余裕出しながら気軽に待っていたら、船内でUターンを要求されて普通にビビったw

Uターンには嫌な思い出しかないので極力しないように避けてきたけど、ここでは避けられなかったので頑張った!超頑張った!(`・ω・´;)

そんな頑張りの様子を見てもらおうと思ってたけど、録画ボタン押すの忘れてたらしく動画は撮れていなかったw

P1030020.jpg

P1030019.jpg

P1030021.jpg

船内の様子。
私は雑魚寝部屋なので適当な場所でくつろぎます。

P1030023.jpg

礼文島に向かって出港~!

キャンプ場を出た時は快晴だったのになんだか曇ってきた・・・。
向こうでの天気は大丈夫か結構心配してました。

P1030024.jpg

普段がどんなものかは私には分からないけど、この日のフェリーは結構大きく揺れてぐわんぐわんしてました。
船酔いとまでは行かなかったけど、揺れる乗り物には弱い方なので結構きつい。

P1030025.jpg

途中で船から見えた利尻島。
船酔い気味の体に鞭打って必死に撮った写真ですw

山のてっぺんは雲に覆われてますが、少しずつ青空が戻ってきてます。

P1030026.jpg

稚内を出て約2時間、礼文島が見えてきました!
いつの間にか雲も無くなって青空に!
一気に元気が戻ってきました(*´ω` *)


【礼文島に到着!】

P1030027.jpg

無事に礼文島に到着しました。

滞在できる時間は限られているので早速走りだします。

香深港を出てほどなくセイコーマートが見えてきたので朝食がてら立ち寄る事にしました。

P1030029.jpg

P1030030.jpg

お弁当買った!
船酔い気味だったのにこういうのを買ってしまう私・・・w

ちなみに礼文島にあるコンビニはこのセイコーマート1件だけなそうな。
島民にとっても観光客にとっても貴重なコンビニなのでかなりにぎわってました。


【礼文島を気ままに探索しました】

お腹を満たした後は礼文島を探索してみます。

といっても、昨年まで島の存在すら知らなかった私は礼文島の事をあまり知りません。

まぁ、気ままにあちこち走るのもツーリングの楽しみの一つだと思っているので、深く考えずにあちこち走ってみる事にしました。

P1030022.jpg

とりあえず岬やら端っこやらが好きなライダーの性質にならって礼文島の北にある金田ノ岬を目指してみる事にしました。

礼文島は小さな島ですし、地図で見る限り主要道路は東側に一本あるだけなので初めて走る場所ですが迷うことはなさそうです(*´ω` *)

P1030031.jpg

右手側に広がる海を眺めながら走る道道40号!
潮風が気持ちいいです。

なんというかこの礼文島は独特の雰囲気があって、時間がゆっくり流れている感じがするのです。
離島独特の雰囲気なんですかね?そこにいるだけでなんだかとても癒されます(*´ω` *)

P1030034.jpg

香深港から20km程しかないので大した時間もかからず金田ノ岬に到着!

P1030033.jpg

ちなみにこの金田ノ岬はこの名前に書いてある棒が一本立っているだけで他には特になにもありませんw

特に観光地化されているという訳でもないのか、観光客もいなくて静かでした。

個人的には人でごった返す観光スポットはあまり好きじゃないところもあるので、こういう場所の方が逆に好きです(*´ω` *)

ちなみに時々野生のアザラシの姿を見る事も出来るみたいですが、私が行った時は確認できませんでした(残念)

P1030057.jpg

近くにある礼文空港にも立ち寄ってみました。
ぱっと見は廃屋に見えるけど、実際は休止中の空港です。

現在は人の気配が全くない場所ですが、空港ができたばかりの頃は沢山の人で賑わったのだろうと思うとノスタルジックな気分を味わえますな(*´ω` *)

P1030056.jpg

P1030055.jpg

礼文空港に来るまでの道も中々良かったです。
のんびり景色を眺めながら走る楽しさを再確認できます(*´ω` *)

次は島の北西にあるスコトン岬を目指して出発!

P1030036.jpg

島の北西を目指しバイクを走らせていると、途中で見えてきたのが久種湖。

日本最北にある湖らしい。

近くにはキャンプ場や展望台もあるので、ここでのんびりするのも良いかもしれない(*´ω` *)

P1030037.jpg

島の最北にやってきました!

P1030043.jpg

ここは島の最北限スコトン岬。

P1030040.jpg


P1030042.jpg

なかなかの眺め!
奥に見えるしまはトド島といわれる無人島らしい。

ちなみに宗谷岬では「最北端」、スコトン岬では「最北限」と書かれていて、どういう意味なんだろうと気になってたので後で調べてみました。

もともとは共に最北端を名乗っていたらしいですが、測量の結果宗谷岬が最北端である事が判明した後はスコトン岬が最北限と名乗るようになったらしい。

島の歴史はほとんど知らないですが、勉強してから訪れるとより楽しめるかもしれない!

P1030038.jpg

ちなみにここスコトン岬には民宿もあるみたい。

看板はあるけど建物が見当たらない・・・。

P1030039.jpg

と思ったらあったw

P1030041.jpg

なんだか物凄い所に建っていたw

一年の中で3カ月しか営業していないみたいだけど、ロケーションが良いのでここで泊まれたら最高の気分になれそう(*´ω` *)


スコトン岬を楽しんだ後は澄海岬へ。

P1030046.jpg

道中も交通量が少なく快適!

ぶーん(((((((((((っ・ω・)っ

P1030052.jpg

礼文島西側にある澄海岬(すかいみさき)にやってきました。
なんだか凄くオシャレな名前の岬ですw

名前の通り礼文島で一番海がきれいに見える場所として有名らしいです。

P1030048.jpg

遠くからでも海が透き通って見える!
めちゃくちゃ綺麗です(*´ω` *)

時期が五月初旬なので全体的な景色は茶色ですが、緑に覆われた夏ごろの写真をみるともう本当に感動モノの景色です。

あー夏の北海道ツーリングしてみたいなーw

P1030051_201909011747320dd.jpg

P1030049.jpg

澄海岬の絶景を楽しんだ後は島の南の方へ行ってみようと思いバイクを走らせて来た道を戻ります。

P1030058.jpg

道道40号を南に向かって走っていると左手に利尻富士がはっきりと見えました!
来たときはまだ雲に隠れていましたが、いつの間にか雲一つない青空に変わっていました。

こうなってくると利尻島にも行ってみたくなってくる・・・w

しかし明日は北海道ツー最終日・・・帰りのフェリーまでの移動距離を考えると、利尻島に行くならこの日しかありません。

礼文島での滞在時間は物凄く少なくなってしまうけど、こんなチャンスも次いつあるか分からないので利尻島にも行ってみる事にしました(`・ω・´)ノ

P1030065.jpg

利尻島行きのフェリーの時間まで少し余裕があったので島の南にある桃台猫台展望台に寄り道。

周辺には3つの奇岩があるらしい。
眺めもなかなか!

P1030066.jpg

写真右端のが猫岩かな?

写真左端に映っている建物は「桃岩荘」というユースホテル。
なんでも物凄く変わったしきたりがあるホテルなんだとか!

機会があれば一度訪れてみたいですね。

P1030061_20190908140750660.jpg

反対側には桃岩といわれるでっかい岩が!

独特の形をした奇岩でとにかくデカイですw
言われてみればなんとなく桃の形に似てるかも・・・(*´ω` *)

残念ながら地蔵岩は近くで発見できず、利尻島行きのフェリーの時間がやってきたので撤収です。

P1030067.jpg

いざ!利尻島へ!


という訳で、礼文島の滞在時間は約5時間くらいであっちこっち行ってみましたが・・・礼文島の魅力を存分に楽しむならぶっちゃけ5時間じゃ全く足りませんwww

小さな島だけど見所や名所は沢山あるし、なにより景色が素晴らしいので時間をかけてゆっくり探索したいところです。
トレッキングコースもしっかり整備されているので、バイクで走るのも良いですが自分の足で礼文島を楽しむのもいいかもしれませんね(*´ω` *)

次に訪れる事があったら今度はゆっくり見て回りたいと強く思いました(`・ω・´)ノ

という事で、6日目利尻島編へ続く~!


↓押して頂けると喜びます(*´ω` *)

バイクツーリング日記ランキング

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2019 GW北海道ツーリング 5日目

【2019/5/2(木)】
P1030009.jpg

天気を見ながら走ってきた事と運にも恵まれて雨を回避してきましたが、この日は残念ながら朝から雨。

北海道に来てから初の雨です(´・ω・`)

基本的に雨の中走るのがとても嫌いな私は、前日の天気予報で雨を確認した時点でこの日のツーリングは諦めていましたw

早い段階で雨が止むようならルートも考えたけど、どうやら一日中雨のようなのでバイクには乗らず一日テントの中で過ごすことにしました。

P1030010.jpg

限られた日程を一日テントで過ごすのはなんだか勿体ない気もしますが、景色も楽しめそうにないですし雨の中のキャンプも中々贅沢なもんですよ(*´ω` *)

P1030012.jpg

といっても前日に買い込んでおいた食糧を食べながらスマホみてゴロゴロするくらいしかする事ないんですがwww

この日に稚内森林公園キャンプ場でキャンプしているバイクは私含めて全部で7台でした。


もっちぃ「きっとこの中にも私と同じ考えで一日テントの中で雨をやり過ごそうと考えている人はいるはず(`・ω・´)」

1時間後、バイクのエンジンがかかる音が聞こえる。

もっちぃ「お、マジか。こんな日でも走りに行く人もおるんやなー。気をつけて行くんやで(`・ω・´)」

更に1時間後、次々とキャンプ場から出て行くバイクの音が聞こえる。

もっちぃ「皆元気やなー。せっかく北海道に来てるんやから走らな勿体ないしなー!気をつけてー!(`・ω・´)」

更に1時間後、静かになったキャンプ場の様子を見にテントから出てみる。

もっちぃ「あれ?ワイしかおらん(´・ω・`)」

気がついたらバイク乗りは皆旅立って行って私だけになってましたw(寂しい)

P1030013.jpg

雨の音と公園内の清掃にやってきた人達の足音だけが聞こえるキャンプ場でスマホいじりながらひたすらテントに籠城。

P1030014.jpg

北海道ツーリングでは調理器具は最小限のものしか持ってきてないので、セイコマで買った弁当を食べてましたが結構旨い!
満足(*´ω` *)

日が沈んで雨が小ぶりになった頃を見計らって温泉に入りに行き、この日は終了です。


5日目はテントの中にいただけなので、マジで書く事なかったwww


翌日の6日は再び晴天の中でのツーリングでガッツリ走ってるので、その時の様子はまた後日書きます!

と、いう訳で今回はこの辺で!(`・ω・´)ゞ


6日目に続く~!


↓押して頂けると喜びます(*´ω` *)

バイクツーリング日記ランキング

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2019 GW北海道ツーリング 4日目

【2019/5/1(水)】
P1020971.jpg

この日の天気は曇り。
しかも雨雲レーダーをみると雨雲がすぐ近くまで流れてきている事が発覚。

このキャンプ場周辺には色々行ってみたかった観光名所やツーリングスポットが沢山あるのですが、雨の中走るのが嫌だった私は昨日走りながら計画していた予定はすっぱり諦めて雨雲のかかってない北の方へ逃げる事にしました(`・ω・´)

荷物を急いでまとめて出発です!

P1020940.jpg

目指すは最北端!・・・ですが、その前にどうしても諦めきれなかった能取岬だけ立ち寄っていきますw

P1020941.jpg

バイク乗りの性なのか・・・岬とか端っことか聞くとどうしても行きたくなってしまうw

そしてやってきたこの能取岬は天気はちょいと残念な感じですが、景色はなかなか良いです。

P1020946.jpg

ポツンと灯台があるくらいで他には何もない(そこが良い)ので、最東端の納沙布岬より最果て感が味わえます(*´ω` *)

P1020944.jpg

眼前に広がるオホーツク海を眺めながら走る道中も中々良いです!

P1020948.jpg

ぴょこっと飛び出している場所が能取岬。

来てよかったと思える絶景スポットでしたが、雨雲が接近しているので早々に退散!

北へ急げ!(`・ω・´)ノ


能取岬から国道238号線を道沿いに北へ向かっていると見えてきたのがサロマ湖。

P1020949.jpg

ぶっちゃけ看板が出てくるまで海だと勘違いしていたw

それくらいだだっ広い湖です。

北海道の自然はスケールが違うなー。


【紋別で海鮮丼を食べました】

キャンプ場を出てから約100km程走り、紋別市までやってきました。

時々雨粒がヘルメットにあたるので先を急ぎたいところだったけど、紋別市には有名なアレがあるので立ち寄ってみる事にしました。

P1020952.jpg

有名なアレ!

想像してたより遥かに大きかったですw

オブジェ自体はあまり詳しくなかったけど、どうやら歴史は長いようで昔は流氷の時期に海に浮かべて展示してたりしたみたいですよ。

P1020951.jpg

カニの爪を眺めるGSRの図。
すげーシュールな写真だw

P1020957.jpg

カニの爪を眺めてたらカニが食べたくなったので近くにあった紋別漁師食堂で海鮮丼を食べる事にしました(*´ω` *)

P1020954.jpg

ずわい蟹の甲羅盛り付きの海鮮丼。
贅沢な昼食である(*´ω` *)

P1020956.jpg

P1020955.jpg

うまし!(`・ω・´)b


【渡り鳥の楽園クッチャロ湖】

お腹を満たした後もひたすら北に向かって国道238号線を走ります。

早朝に出発してから結構良いペースで走ってきている為、思ったより時間があったので、気になっていたクッチャロ湖に立ち寄ってみる事にしました。

P1020958.jpg

渡り鳥の中継地点となっているここは毎年春と秋に多くの渡り鳥がやってくる事で有名なんだそうです。

この日もクッチャロ湖の駐車場に着く少し前からコハクチョウの鳴き声が聞こえてきて、間違いなく癒し系スポットであるのを確信しましたw

P1020966.jpg

コハクチョウと沢山のカモ類の群れ!

もうね動物が好きな人にとっては一日いても飽きないであろう素晴らしさ!

ここは本当に日本なのか・・・w

P1020963.jpg

餌をくれる観光客が多い事もあって結構人になれてます。
割と近くに行っても逃げません(*´ω` *)

まぁ餌を持ってないと全く相手してくれませんがw(餌は近くの販売所で売ってます)

P1020961.jpg

コハクチョウも優雅で美しいけど、私はこのカモに夢中だったw
ぺたぺた歩く姿が可愛過ぎてヤバイです(*´ω` *)

ちなみにこのクッチャロ湖にはキャンプ場もあるのでキャンプも楽しむ事が出来ます。
ぶっちゃけここでキャンプしたかった!物凄く・・・!

もっとのんびりしたかったけど、雨雲が迫ってきているので更に北に逃げますw


【絶景ロード!エサヌカ線を走る】

クッチャロ湖を出て割とちょっと走ったところにその道はありました。

国道238号線を脇道に逸れて、おそらくエサヌカ線に行くだろうと思われるライダーの後を追いかけますw

そして到着した瞬間思わず声が出る景色が広がっていました!

P1020968.jpg

北海道を代表する道路の一つですが、ここまで感動的な景色を見れるとは思ってませんでした。

遮るものも無く開放的な景色の中に人工物は無し!

本当にここは日本ですか・・・?w(2度目)

P1020969.jpg

雨雲から逃げに逃げてここまでやってきて正解だった・・・!
気がつけば青空も見えてきていて、そこにあるのはどこまでも続く直線道路と北海道の景色!

感動的すぎて今回の旅で最も記憶に残ったのがここだったなぁ(*´ω` *)

ちなみにエサヌカ線を走っていると道路脇で同じように記念撮影している人たちが沢山いますが、この景色の中で皆テンションが上がりまくってるのか高確率でヤエーがとんできますw

北海道のヤエー率の高さにびっくりで、こちらも自然にヤエーしてしまう!

v(・∀・)yaeh!


【最北端の宗谷岬に到着しました】

キャンプ場を出発してから約300km!
ひたすら北を目指して走り、ようやく宗谷岬に到着しました(*´ω` *)

P1020976.jpg

有名な最北端の三角形の碑。

写真では何度も見たことあるけど、まさか自分の目で見る事ができるなんて感動的です。

P1020977_20190818151614e6b.jpg

ただGW時の集客力はすさまじく、記念撮影待ちの人達の列が凄いことに・・・Σ(・ω・ノ)ノ

まぁ、私はあんまり自分の写真は撮らない人なのでスルーしていきますw

P1020975.jpg

近くにあるお土産屋さんも碑の形に合わせて三角形。

日付は令和元年5月1日。

天気の都合で偶然こうなっただけだけど、平成最後の日に最東端、令和最初の日に最北端にいる奇跡w

ここでお土産を購入した後はガソリンを入れて出発です。

P1020974.jpg

ガソリンといえば忘れてはいけないのがこちら。

宗谷岬のすぐ近くにある安田石油店は日本最北端にある給油所です。

こちらのガソリンスタンドでは給油の際に記念品が貰えるので、近くまで来たらこちらでの給油をおススメ!

P1030246.jpg

ミニホタテの貝殻で作られた記念品。
交通安全のお守りとなってます(*´ω` *)

ガソリンを給油した後は宗谷丘陵の方へ行ってみます。

P1020982.jpg

宗谷丘陵への道は微妙にわかりづらく、普通に気付かずに素通りしてしまったのでUターンして戻ってきましたw

宿泊予定のキャンプ場までまだ少し時間があるので先を急いだ方がよさそうでしたが、せっかく良い天気になっているのでここは外せません!

P1020984.jpg

宗谷丘陵からの眺め!
開放的な景色が素晴らしいです!絶景かな~(*´ω` *)

P1020989.jpg

P1020990.jpg

素晴らしい景色の中をしばらくうろちょろしながら写真を撮ってました。

白い貝殻の道にも入ってみたかったけど、そろそろ移動開始しないと怪しい時間になってきたので引き上げます。


【稚内の森林公園でキャンプ!】

この日に宿泊する予定のキャンプ場に向かうため稚内へやってきました。

キャンプ場に向かう前にあるミッションを達成する為、まず向かったのは稚内市観光案内所。

P10209901.jpg

目的はこれ!
せっかくここまで来たのでこれは貰っておかないとってことで最北端到達証明書GETです。

目的を達成した後は急いでキャンプ場へ!

P1020991.jpg

やってきたのは稚内森林公園キャンプ場。

シーズン中は無料開放されている上にゴミも処分してもらえます。

しかも普通に街中の小高い丘の上にあるので近隣にコンビニ、温泉、飲食店、GS、薬局となんでも揃っているので快適度はヤバイです。

ただし野生の鹿が出没するので注意w

P1020993.jpg

キャンプ場からは稚内港も見渡せるし、カモメの鳴き声が心地いいです(*´ω` *)

ちなみにこの森林公園キャンプ場は、ネットで検索かけるとキーワードに「心霊」の文字がひっかかるのですが、これはおそらくキャンプ場入り口手前に霊園がある為だと思われます。

実際にそういう現象が起こる訳ではないのでご安心を~!(というか、私はそもそも全く信じてないので関係なく泊まりますw)

テントを設営した後はお風呂と晩御飯を食べる為に稚内副港市場へ。

P1030003.jpg

P1030005.jpg

稚内副港市場は複合商業施設になっていて、土産物屋、温泉、食事処となんでも揃ってます。

P1020997.jpg

P1030002.jpg

P1020998.jpg

P1020999.jpg

1階は昭和の稚内を再現したミュージアムになっていて独特の雰囲気が漂っているのがいいですね(*´ω` *)

P1030006.jpg

目的の温泉はとてもよかったです。
清潔感もあるし、港を見渡せる露天風呂は雰囲気もあって最高でした(*´ω` *)

P1030007.jpg

晩御飯は稚内副港市場内にあるレストラン底曳船でかき揚げ丼を頂きました。

このかき揚げ丼何が凄いってかき揚げの大きさ。
写真の通り半端ない大きさでご飯にたどりつけないw

P1030008.jpg

ただ大きいだけでなくサクサクに揚がっていて美味しいし、値段も結構安かった記憶があります。(値段は忘れましたが)

ちなみにこのかき揚げ丼はシングルとタブルがあり、ダブルは上の写真のかき揚げが2枚乗っているという激盛り系w

1枚でも結構ハードだよ・・・うんw

お腹を満たした後はキャンプ場に戻ります。

実はこの時点で翌日の天気は確定で雨。
雨の中の走行が嫌な私はコンビニで食糧を買い込んで1日テントで籠城する作戦にしましたw


という訳で今回はこの辺で! (`・ω・´)ゞ

5日目に続く~!



この日のざっくりルート。


↓押して頂けると喜びます(*´ω` *)

バイクツーリング日記ランキング

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
アクセスカウンター
プロフィール

もっちぃ

Author:もっちぃ
三重に生息する三十路の遅咲きライダー。
不器用ですが頑張って生きてます(*´ω` *)

愛車:GSR750ABS('13)
    クロスカブ110(JA45)

2014.02.26 普通自動二輪取得
2014.04.16 大型自動二輪取得
2014.04.20 公道デビュー
2014.04.20 GSR750ABS('13)納車
2016.09.11 セロー250納車
2019.03.16 セロー250売却
2019.03.16 クロスカブ110(JA45)納車

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR